辻桃子略歴


1945年
 横浜に生まれ、東京・立川で育った。画家の父に写生をたたき込まれ、画家志望。子供の時から、詩を書き、染色デザインを手がけ、高校時代は小説、戯曲、童話も書く。

1963年 早稲田大学文学部美術学科入学。母の勧めで俳句をつくり始める。楠本憲吉に師事、「青玄」に入会したが、興味の中心は現代詩や童話だった。

1964年 楠本憲吉の「野の会」創刊同人。「マドモワゼル」などに詩を発表。現代舞踊の台本を執筆(以後、30年間、毎年執筆。「唐人お吉の場合」は1994年度の芸術祭賞を受賞)。

1967年 「通り雨」で第1回「花椿詩の公募賞」優秀賞。「花椿」に詩を発表(いずみたくが作曲したり、NHK番組のテーマ曲になったりした)。美術科を4年で中退。染織家の仕事をしながら、もっぱら詩を書く。

1970年〜 川口市市民の歌作詞(池部晋一郎氏作曲)。「現代詩手帖」掲載の詩を寺山修司に「聖句」と激賞される。「野の会」の俳句に飽きたらず、高柳重信の「五十句競作」に入選、「俳句評論」に入会。海程(金子兜太主宰)の句会に通い、加藤楸邨、阿部完市などの句を読みふける。

1975年 俳句一本に絞ることを決意。

1976年〜 遠山陽子さんの勧めで、飯島晴子の句会に通い出す。小林恭二、小澤實氏らと定例勉強会。

1979年  「鷹」入会。編集部員。

1980年  「鷹」同人となる。詩集『やさしい罠』(私家版)上梓。

1981年  「鷹」新人賞受賞。

1983年  「鷹」賞受賞。「虚子の忌の大浴場に泳ぐなり」が毎日新聞で波多野爽波に激賞される。小雑誌「ロージナ」(後に「花」と名前を変える)主宰。三橋敏雄を招き、東大ホトトギス会の寺澤一雄、日原傳、岸本尚毅氏らと定例勉強句会を続ける。虚子の句に出会い、花鳥諷詠、客観写生の深さに目を開かされ、目指すべき俳句と確信する。

1984年 第一句集『桃』(牧羊社)上梓。 波多野爽波に私淑、生涯の師と思い定める。

1986年 第二句集『ひるがほ』(牧羊社『現代俳句の精鋭』所載)上梓。

1987年 第三句集『花』(牧羊社)上梓。「鷹」を離れ、9月、「俳句って、たのしい」を掲げ、「童子」創刊。

1988年 4月、『桃子の俳句はがき絵塾』テキスト三部作(『さあ俳人になるぞ』など)(カタログハウス)、9月に最初のエッセー集『俳句って、たのしい』(朝日新聞社)と入門書『俳句の作り方』(成美堂出版)を同時に上梓(全国学校図書館協会推薦図書)。ボランティアで視覚障害者のための「声の週刊誌・ニュースプラス」の俳句欄を引き受ける(以後30年続ける)。

1989年 『秀句三五〇選 酔』(蝸牛社)を責任編集。

1990年9月 『桃子歳時記』(カタログハウス)と『童子珠玉集』(第一集、童子吟社)上梓。

1990年 第四句集『童子』(角川書店)上梓。

1992年 エッセー集『季語って、たのしい』(邑書林)上梓。

1993年 第五句集『辻桃子句集・しほからとんぼ』(ふらんす堂)上梓。

1993年 『点字歳時記』(全五巻、東京ヘレンケラー協会)上梓。一般向きの歳時記づくりを決意、悪戦苦闘が始まる。

1994年 第六句集『ねむ』(ふらんす堂)上梓。

1995年 『復刻辻桃子句集』(桃、花、ひるがほ所収、童子吟社)上梓。

1996年 現代俳句集成』(立風書房)に148句入集。

1997年10月 舞踊家大野一雄さんを招き創刊10周年大会。第七句集『ゑのころ』(邑書林)、句とエッセーの『桃童子』(蝸牛社)、『花鳥一年(童子珠玉句合)』(邑書林)を同時に上梓。

1998年 『実用俳句歳時記』(成美堂出版)上梓。5年間の努力実る。

1999年5月 入門書『桃子のいろはに俳句』(大栄出版)、第八句集『灯心蜻蛉』(童子吟社)上梓。『女流俳句集成』に142句入集。

2000年3月、『らくらく俳句』『わくわく俳句』(偕成社)上梓。4月、津軽の中心・青森県弘前市に転居。生まれて初めて東京を離れて暮らし、季節感あふれるその暮らしに生き返る思いを味わう。

2001年11月、津軽転居後の一年間の句を集めた第九句集『雪童子』(花神社)上梓。旧氏A入門書『はじめての俳句づくり』(日本文芸社)上梓。『現代俳句一〇〇人二〇句』(邑書林)に収録される。

2002年6月、『桃子流虚子の読み方』(天満書房)上梓。11月、創刊15周年大会に合わせ、『童子珠玉集』(童子吟社)、第十句集『饑童子』を上梓。8月、津軽の藤崎町に居を構え、東京・立川との往復生活を始める。

2003年1月、句と写真集『俳句の鳥』(創元社)上梓。『俳壇』1月号に百句発表。3月、愛媛県「みかんの国俳句大賞」選者。3月、『饑童子』で第5回加藤郁乎賞受賞。11月、『俳句の草木』(創元社)刊行。

2004年1月、陸奥新報正月特別紙面「津軽の文化」座談会で発言。福島県三春町で講演。3月「朗読フェスティバル」(「俳壇」創刊記念)に俳人代表として出演。詩人、歌人、音楽家らと共演。NHKBS俳句王国主宰者大会出演。5月、「2004年俳壇年鑑」に巻頭提言「志ん生と杞陽」を執筆。5月、「青森・春もみじまつり」特別選者。6月、写真歳時記『俳句の天地』(創元社)刊、弘前中央高で講演。7月、須賀川俳句大会で講演。8月、第7回俳句甲子園審査員長、日本伝統俳句協会に加盟。10月、『美しい日本語―季語の勉強』(創元社)刊、「西の虚子忌」(比叡山)に参列。11月、山形県少年少女俳句大会選者。12月、『実用俳句歳時記』全面改訂版刊(成美堂出版)/「さきたま句会」「新百合句会」「同人句会」発足/『俳句の作り方』(成美堂出版)のエッセーや句が高校入試の問題になり、各種参考書に転載された/年間吟行地(京都、三春、石垣・西表島、松山、宇治、岡山、広島、高知、大阪、富山、富士山麓、直島、湯河原など) 

2005年1月、俳句朗読で舞踏・サックスと競演の「ふゆ3人展」(弘前)、『はがき絵って、たのしい』(NHK出版)刊。3月、『俳句の作り方・110のコツ』(主婦の友社)刊。4月、俳句王国主宰者大会に出演。第11句集『龍宮』刊(本阿弥書店)。6月、夏泊半島俳句大会特別選者、日本伝統俳句協会理事に選任される。7月、相馬中課外授業。全国高校総合文化祭俳句部門選者、『俳句入門・再入門』(創元社)刊。10月、佐渡・小名木俳句大会特別選者。長野飯綱高原で創刊18周年大会。「野村自由学校」VTR「俳句はがき絵の描き方」収録。11月、俳句王国出演、日本伝統俳句協会理事会、写真歳時記『俳句の暮らしと行事』(創元社)上下刊。
☆年間のおもな執筆・寄稿=「俳句文芸」1月号に12句とエッセー。「文藝春秋」2月号に8句。「俳句界」2月号「俳句上達のコツ5カ条」に寄稿。「愛媛新聞」2月13日付に『五七五のバトル俳句甲子園』書評。「俳句朝日」3月号に7句。「俳句四季」4月号「巻頭三句」に寄稿。「俳句人」4月号に5句とエッセー。「俳壇」5月号「巻頭作品」に10句。「詩歌句」夏号「巻頭作品」に7句とエッセー。「俳壇」10月号特集「里山の歳時記に」エッセー。「俳句12月号「主宰の明かす選句の基準」に寄稿。「俳句朝日」12月号「この一年心に残った句集」に寄稿。

2007年
1月 東日本初句会「深川八幡・清澄庭園吟行」。西日本初句会(京都)
2月 「虚子生誕100年記念シンポ」(芦屋市の虚子記念文学館)の「虚子の難解10句」のパネリストに。句集『龍宮』出版・手島右卿賞受賞記念の祝賀朗読会(帝国ホテル)。
3月 手島右卿賞授賞式、記念展覧会(高知市)。NHK衛星放送俳句王国出演。
4月 手島右卿賞受賞記念展(東京・荻窪)。春合宿(西伊豆・堂ヶ島吟行)
6月 明日香村吟行
8月 青森・五所川原「立侫武多」吟行。十三の砂山盆踊吟行
9月 日本伝統俳句協会全国大会(岡山)選者。『童子珠玉集』中国四国大会(西大寺・岡山吟行)。NHK衛星放送俳句王国出演。
10月 創刊二十周年大会(新宿・京王プラザホテル)、記念吟行(麻布・六本木)。第80回秋田県俳句大会講師・選者。手島右卿賞受賞記念展(秋田市)
11月 高山吟行(作品3点「光記念館」収蔵を記念して)。加賀・大聖寺吟行。
☆ 2007年の主な執筆・寄稿
・作品10句(「俳壇」2月号)
・「俳壇年鑑07年版」に巻頭言「塀の内外」寄稿
・作品7句(「俳句朝日」五月号)
・「リレー競作33句」(「俳壇」6月号から3回)
・作品21句「十五より」(「俳句」6月号)
・作品6句「徳利」とエッセー(「俳句研究」6月号)
・「現代俳人自選作品集」(角川書店『平成秀句選集』)に十句とエッセー収録。
・成田千空句集鑑賞を寄稿(「俳句」7月号)
・作品12句とエッセー(「俳句四季」9月号)
・エッセー「俳句と人生」(「ユーキャン俳句倶楽部」11月号)

そのほか、現在
NHK番組「俳句王国」主宰。
厚木・相模原カルチャー俳句講師。
月刊「俳句」(角川書店)「平成俳壇」選者。
月刊女性誌「ゆうゆう}(主婦の友社)に「俳句はじめの一歩」連載。
月刊「俳句界」(文学の森)の「俳句ボクシング」レフェリー

過去には
『俳句朝日』に「上達講座・写生ってたのしい」連載。
『NHK俳壇』の「林檎の国から」連載。
『俳壇』の「俳句月評」担当。
『俳句文芸』に「桃子流虚子の読み方」連載。
『俳句研究』の「俳句再考」連載。
『NHK俳壇』「桃子の俳句はがき絵」二年間連載。
NHK『趣味の園芸』グラビア一年間連載。
NHK紀行番組「愛媛俳人グラフィティー」などに出演。    
月刊『俳句文芸』選者。
月刊「俳句文芸」俳壇選者
「俳句甲子園」(松山市など主宰)審査員長。
NHK文化センター(弘前)講師。

「俳画・辻桃子の世界展」(東京・銀座、弘前市、新潟市、川崎市で)
『俳句朝日』書評担当。東奥日報俳壇選者。自治体主催俳句大会などの選者・講演(伊那市、青森県、焼津市、須賀川市など多数)。

「俳句文芸賞」「俳句界賞」選者。
月刊旅情報誌「ざぶん」俳句欄選者 など。


戻る

 

inserted by FC2 system